株式会社アドバンス > 株式会社アドバンスのスタッフブログ記事一覧 > 家の中が暑すぎる!住宅のプロが教える暑さ対策とは?

家の中が暑すぎる!住宅のプロが教える暑さ対策とは?

≪ 前へ|キッチン、トイレ、浴室…水回りリフォーム成功の秘訣   記事一覧   上手な夏のエアコン術。我慢せず節電できる冷房の使い方|次へ ≫

家の中が暑すぎる!住宅のプロが教える暑さ対策とは?

家でじっとしているだけで、ジワーッと汗をかいてしまう。冷房を強くすると、足元ばかり寒くなる・・・。そんな不快に耐えるのが、夏の恒例行事になっていませんか?



実はその不快の原因は、住居の断熱性能の低さにありました。外の熱気が入り放題の家では、いくら冷房を強くしても快適にはなりません。だからといって熱さを我慢していると、今度は熱中症の危険も出てきます。


今回は、夏の住居の暑さ対策を、住宅のプロの目線からご紹介。



外よりも家の中の方が不快に感じる2つの原因


「部屋が暑くてサウナ状態」「夜になっても温度が下がらず寝苦しい」・・・夏によく聞かれる悩みです。大きな原因として考えられるのは以下の2つ。



1.いったん入った熱が逃げていかないから


家の中は壁や屋根に囲まれているため、いったん内部が温まってしまうと熱がこもり、外よりも暑くなります。RC造(鉄筋コンクリート)の場合は、昼間に熱をため込み、夜になると放出するので一日を通して家の中に不快な熱がある状態に。
 

涼しげなイメージのある木造住宅の場合でも、2階のお部屋になると、温かい空気が1階から流れてきたり、直射日光を受けることによって温度が上がります。つまるところ、熱を室内に入れないようにしないと根本的な解決にはなりません。


この不快な熱の主な侵入経路は「窓」。差し込む太陽が光とともに、どんどん熱を室内に招き入れてしまうのです。
 

太陽が高い位置にあるときは、軒を出すことで太陽熱を遮ることができますが、太陽が低い位置にあるときは、窓から家の奥まで光が差し込み、かなり室温が上がってしまいます。
 

日本の場合、入射角が低い朝日(東面)と夕日(西面)の窓に要注意。家の温度をぐんぐん上げる犯人は、東の窓と西の窓、と覚えておいてください。


暑い部屋に身を置くことは、あなたの身体にも影響があります。
 

人間は、運動や食事で生じた熱を体の表面から外に放熱することで、体温調節を行っています。発熱の量よりも放熱が少ないとき、人は暑さを感じます。


しかし温度が高い室内では、自分の体温と周囲の温度が近くなり、自然に放熱することが難しくなります。外にいるときは自然風がある程度放熱をうながしてくれますが、室内ではそうもいきません。発生した熱が体内にこもることで、身体の奥からわき上がるような不快な暑さを感じることになるのです。


2.部屋の中に温度差があるから


お家で過ごす休日。暑いなと思って冷房を強めると、足もとが冷えて寒さを感じる。だからといって冷房を弱めると、今度はすぐに暑くなってしまう・・・そんな不快なスパイラルに陥っては、せっかくの休日を楽しめません。


実は同じ部屋の中にいても、頭と足元では全然違う温度になっていることがあります。


サーモグラフィカメラで冷房をつけた部屋を映してみると、床付近は25度なのに対して、天井はなんと30度以上。部屋の中だけでも5度以上の温度差があります。


部屋の上部は暑いので、頭が暑くてボーッとする、反対に足元は寒くてブルブル・・・この温度分布は、集中力が高まるといわれる「頭寒足熱」の正反対。これで快適なわけがありません。


温度差を起こしている犯人は「熱せられた屋根」。屋根の熱が天井に侵入し、部屋の上部だけが暑くなります。そしてエアコンの冷たい空気は下に溜まっていくため、部屋の中に極端な温度差ができてしまうのです。


これではいくら冷房を強めたり弱めたりしても、温度差=身体が感じる不快さはなくなりません。


家の中で熱中症になる人が一番多い


「熱中症を発症し緊急搬送!」このような見出しのニュースを見ることも夏の恒例になってきました。実は、そのニュースを見ている家の中こそ熱中症になる危険性が一番高いのです。


総務省消防庁の資料によると、平成30年5月~9月の間の熱中症緊急搬送人数は約95,000人。そのうち住居内で緊急搬送された方は約38,000人と全体の40%。部屋の中にいるからといって、決して安全ではないのです。


昼間のリビングに加え、夜間に寝室で発症する場合も多く、一日を通して油断ができない状態になっています。


昼間はエアコンや扇風機で暑さ対策をしているご家庭が多いですが、夜間はどうでしょう。節約のためにエアコンを消して寝ていませんか?


実は、「夜は気温が下がるから大丈夫」というのは甘い考え。昼間に熱せられた壁や天井は、夜になって外気温が下がると、今度は部屋の空気を温めだします。その結果、外気温よりも室内の方が暑い状態になるのです。


「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」の定めでは、室温28度、湿度70%が快適な状態だとされています。一日中それ以下に部屋を維持したいところです。


「わたしの家は大丈夫」と思った方は、温度計と湿度計を置いて、部屋の温湿度を測ってみましょう。考えているよりも高温多湿になっている場合があります。部屋の状態を数値化することで、家の危険度を把握しやすくなります。


昼も夜も安心できないご自宅は快適だと言えません。


熱中症患者は1年前と比べても約2倍になり、家の中で発症して搬送された方も3%増加しています。


今の時代、熱中症は家の中で起こる病気です。24時間体制で対策をしなければ、いつまでも命の危険にさらされたままです。


夏を快適に過ごすための対“暑”方法


不快なだけではなく熱中症の危険もある夏の暑さ。その対策方法として、DIYでできるものからご紹介していきましょう。


窓から入る熱(日射)を減らす方法


大切なのは、そもそも熱(日射)を室内に入れないようにすることです。上で説明したとおり、高い位置の日射は軒を出すことである程度遮られます。重要なのは朝日(東面)と夕日(西面)の対策。入射角が低いため、外付けブラインドやオーニングを取り付け、窓全体を覆う工夫をしましょう。


もっと手軽にしたいなら、ホームセンターなどで売られている断熱シートや断熱フィルムを窓に張り付ける方法も。ほかにもすだれやひさし、ブラインドが窓からの日射を防ぐ方法として代表的です。


部屋の温度差をなくす方法


エアコンの冷気が底にたまると、温度差で不快感が発生します。これを防ぐには、サーキュレーターを使って空気を循環させるのが効果的。


サーキュレーターは強い風を一直線に発生させます。エアコンの下に置いておけば、冷たい空気を部屋の上部へ送り、部屋の温度を均一化します。


扇風機だと風が多方向に散り、短距離にしか届かないため、サーキュレーターを使うのがおすすめです。




≪ 前へ|キッチン、トイレ、浴室…水回りリフォーム成功の秘訣   記事一覧   上手な夏のエアコン術。我慢せず節電できる冷房の使い方|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 家電・リフォーム
  • ご退去・ご契約について
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アドバンス
    • 〒563-0032
    • 大阪府池田市石橋1丁目8-3
      カーニバルビル4階
    • TEL/072-736-9929
    • FAX/072-736-9928
    • 大阪府知事 (1) 第60620号
      一般建設業 大阪府知事許可(般-24)第138782号
  • 更新物件情報

    2020-09-22
    カルチェラタン石橋Ⅱの情報を更新しました。
    2020-09-22
    メゾン東栄豊南の情報を更新しました。
    2020-09-22
    フリックコート城南の情報を更新しました。
    2020-09-22
    サンハイムⅡの情報を更新しました。
    2020-09-22
    浅野コーポの情報を更新しました。
    2020-09-22
    クレール城山の情報を更新しました。
    2020-09-22
    アイエスオー弐番館の情報を更新しました。
    2020-09-22
    シャンテ桜井駐車場の情報を更新しました。
    2020-09-22
    リブリ・リヴェール城南の情報を更新しました。
    2020-09-22
    岡田マンションの情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る