株式会社アドバンス > 株式会社アドバンスのスタッフブログ記事一覧 > 加湿と換気で、コロナと乾燥をダブル対策!

加湿と換気で、コロナと乾燥をダブル対策!

≪ 前へ|【物を減らす・捨てる編】シンプルなくらしのための、シンプル生活術   記事一覧   新型コロナ、家庭内の感染どう防ぐ? 食事や掃除…|次へ ≫

加湿と換気で、コロナと乾燥をダブル対策!

室内の乾燥が気になるこれからの季節。
会話や咳・くしゃみの時の飛沫は、部屋が乾燥していると拡散しやすいようです。

温かい部屋にこもりがちになる寒い季節に、新型コロナウイルスの飛沫感染はどうやって予防するべきなのでしょう?

乾燥した部屋は飛沫の量が2倍以上!!

理化学研究所が世界最速のスーパーコンピューター「富岳」で、室内で会話している時の飛沫についてシミュレーション実験を実施。

会話中や咳・くしゃみをしたときなどに口から出た飛沫は、乾燥した湿度の低い部屋では、飛ぶ量が増えることがわかったそうです。

飛沫は乾燥した環境では小さい微粒子になるため、拡散しやすいとのこと。

湿度30%と湿度60%で飛沫の量を比べると、1.8メートル先に届く飛沫の量は『湿度30%が2倍』という結果が出たということです。

湿度は何%にしたらいいの?

湿度が低すぎると飛沫の拡散量が増え、湿度が高すぎると飛沫は下に落ちます。
飛沫の拡散をなるべく防ぐには、部屋の湿度は60%程度にしておくのが適切とのことです。

湿度が低い時には、なるべく大声で話さない・換気するなどの感染対策を行いつつ、加湿器などを使って湿度を上げるようにすると良さそうです。
反対に湿度が高い時には、机やテーブル、手が触れる場所をアルコールで消毒する回数を増やすなどの対策を取りましょう。

乾燥は肌トラブルの原因にも



≪ 前へ|【物を減らす・捨てる編】シンプルなくらしのための、シンプル生活術   記事一覧   新型コロナ、家庭内の感染どう防ぐ? 食事や掃除…|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 家電・リフォーム
  • ご退去・ご契約について
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アドバンス
    • 〒563-0032
    • 大阪府池田市石橋1丁目8-3
      カーニバルビル4階
    • TEL/072-736-9929
    • FAX/072-736-9928
    • 大阪府知事 (1) 第60620号
      一般建設業 大阪府知事許可(般-24)第138782号
  • 更新物件情報

    2020-12-05
    グラン・リヴィエールの情報を更新しました。
    2020-12-05
    メゾン東栄豊南の情報を更新しました。
    2020-12-05
    グリーンパーク渋谷の情報を更新しました。
    2020-12-05
    岡田マンションの情報を更新しました。
    2020-12-05
    渋谷ハイツの情報を更新しました。
    2020-12-05
    フォルテ石橋の情報を更新しました。
    2020-12-05
    カルチェラタン石橋Ⅱの情報を更新しました。
    2020-12-05
    シャンテ桜井駐車場の情報を更新しました。
    2020-12-05
    サンハイムⅡの情報を更新しました。
    2020-12-05
    リブリ・リヴェール城南の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る