株式会社アドバンス > 株式会社アドバンスのスタッフブログ記事一覧 > 水道代が高い原因はコレ!大幅節水に繋がるテクニックもご紹介

水道代が高い原因はコレ!大幅節水に繋がるテクニックもご紹介

≪ 前へ|冬の掃除のポイントを紹介。冬にやりたい掃除、冬の前に終えておきたい掃除!   記事一覧   【排水口の掃除】キッチンやお風呂など場所別の掃除方法やつまったときの対処法 ~前編~|次へ ≫

水道代が高い原因はコレ!大幅節水に繋がるテクニックもご紹介


みなさんは、普段の生活で節約を意識していますか?


節約といえば食費や光熱費などにスポットが当たりがちで、水道代についてはあまり意識していない人が多いのではないでしょうか?


かくいう筆者も先日、ご近所さんとの何気ない会話の中で、わが家の水道代が高いことを知らされました。


自分では『こんなものかな~』と思っていましたが、他の家庭よりも高いとなれば何とかしたいもの。


そこで、毎日節水を意識して生活してみたところ、筆者の家ではきっちりと効果が現れました!


そこで、今回は筆者が日々実践している節水術をご紹介します。


すべての家庭で効果が出るとは限りませんが、ぜひ参考にしてみてくださいね。


するとしないでは大違い!節水テクニック



 “節水”と聞くと少し無理をして使う水を減らすイメージを持つ人もいるかもしれませんが、普段の生活を見直してムダを無くすだけで意外と成果が出る場合もあります。

これから紹介するのは、無理なく節水できる方法ですので参考にしてください。

水を多く使っている場所はここ!


節水テクニックをご紹介する前に、まずはどこで多くの水を使っているのかをみていきましょう。


そもそも、普段何気なく使っている水道ですが、1日で一体どのくらいの量を消費しているのかご存知ですか?


あるデータによると、日本における1人あたりの消費量は、1日でなんと186L!


とてつもなく膨大な量ですよね。これは、世界平均の2倍にものぼる量なんだとか。


場所別では、全体の40%が「お風呂」を占め、最も水を消費しています。


湯船だけで約200 L、それに加えてシャワーを使うので大量に消費するのはイメージできますね。


その他は多い順で、「トイレ」が22%、「炊事」が17%、「洗濯」が15%だそうです。


個人的にはトイレにここまでたくさんの水を使っていることが驚きでした。


それでは次に、それぞれの場所における節水テクニックを見ていきましょう。


【お風呂編】場合によっては大幅節水も可能に


お風呂の節水といえば、やっぱりシャワー。


髪を洗っている間など、出しっぱなしにしてしまっていませんか?


シャワーを1分間流し続けたら、なんと15 Lもの水が出ると言われています。


それが10分・15分と出しっぱなしにしていると、1回の入浴で100 L以上を消費することになります。


もし家族全員がこの調子だと……想像するだけで青ざめてしまいそうです。


しかし、逆に考えると、こまめに止めることで大きな節水に繋がるということです。


冬場などは、シャワーを出したままのほうが温かいからと、ついしてしまいがちですが気をつけたいところですね。


また、子どもは出しっぱなしをする場合が多いですので、きちんと教えて徹底しましょう!


ちなみに、筆者は最近シャワーの節水グッズを導入しました。


シャワーヘッドを取り替えるだけで自動的に節水してくれるのでおすすめですよ。


しかも筆者が選んだシャワーヘッドは、水に空気を含ませて出てくるので、水滴一つ一つが通常に比べて大きく、水量が少なくても気にならないんです。


節水のシャワーヘッドは色々なメーカーから出ていますが、だいたい50%から多いもので70%もの節水効果が見られるので、年間で考えるとかなりお得になると思いますよ。


【洗濯編】残り湯利用でもキレイに洗える!


洗濯における節水というと、「お風呂の湯の再利用」が多いかもしれません。


洗濯にもたくさんの水が必要なので、それを再利用でまかなえることができれば大幅な節水に繋がりますよね。


とはいえ、残り湯を再利用したとき、『洗濯物が臭う』と感じたことはありませんか?


実は、筆者もこれが原因で洗濯への再利用を敬遠していました。


この臭いの正体は、皮膚の表面についた雑菌。雑菌が繁殖しやすい温度は40度前後といわれており、お風呂のお湯は雑菌にとってはまさに絶好の環境。


翌朝には莫大な数になっているとか……。


そこでおすすめなのが、「残り湯と水道水の使い分け」。


洗いとすすぎの1回目に残り湯を使い、2回目のすすぎを水道水にするとそこで菌が落とされるというわけです。


残り湯を使用可能な洗濯機は、元々この方法が設定されているそうなので、説明書を一度確認してみましょう。


『それでもやっぱり洗濯機に残り湯を入れるのが抵抗ある』という人は、シミやえり袖汚れに対する“予洗い”を残り湯でまかない、そのあと洗濯機にバトンタッチしてみてはいかがでしょうか。


【トイレ編】節水に繋がる「大小使い分け」


トイレは、1人あたり1日で4~5回は利用し、家族がいればそれだけたくさんの水を消費することになるので、うまく節水したい箇所です。


トイレを済ませた際、大・小に関わらず「大レバー」で流している人はいませんか?かくいう筆者も、すべて大レバーで流していました。


女性はトイレットペーパーを使うので、なんとなく小レバーでは流れないかもと思っていたからです。


しかし、最近のトイレでは小レバーでもトイレットペーパーが流れるタイプが主流のようなので、そこを使い分けするだけでも節水に繋がりますよ。


もちろん、自分一人だけでなく家族にも徹底することが大切。うちの主人は、なんといつでも大レバーで流していました。


何となくしていたようですが、きちんと使い分けをしてもらうように徹底したところ、みごと水道代削減に繋がりました!


ちなみに、タンク式のトイレのご家庭では、タンクにペットボトルを入ることでタンク内の水量を減らし、節水しているという人も多いようです。


しかし、タンク内部に物を入れることで破損したり、水が流れっぱなしになったりする可能性が……。


また、しっかりと最後まで流しきる水量が確保できずに詰まってしまうこともあるそうなので、やめましょう。


【食器洗い編】“散りも積もれば”作戦で抜かりなし!


食器洗いの際に節水をするポイントとしては、いかに「少ない洗剤・水」できれいに洗えるかです。

そのためには、なるべく食器を“きれいな状態”にしてから洗い物をスタートすることが大切。

まず、皿に残ったソースやドレッシングなどは、キッチンペーパーでふき取るか、よりエコを考えると新聞紙やヘラなどを使って落としましょう。

これだけでも洗い物がスムーズになりますよ。

もちろん洗う際は、水を出しっぱなしにしないのが鉄則です。

また、食器を運ぶ際は油汚れのある皿は重ねないのが基本。

他にも、洗い桶に水を張り、そこにどんどん使った食器を入れてしまうと、油が桶全体に広がり、汚れが少なかった皿にまで油がついてしまうので、やめましょう。

ちなみに、洗う順番としては、油汚れのないお茶碗などから先に洗っていくと、“油の伝染”がなくなりますよ。

食洗機でも、予洗いの際にこれらを意識してみてくださいね。

高い?安い?世間の水道代事情を調査!



ここまで節水テクニックをご紹介してきましたが、『そもそも、うちの水道代は他に比べて高いか分からない』という人は多いかもしれません。


そこで、世間の水道代について調べてみました。


まずは水道代の内訳を解説


水道代の明細は、地域によって異なるものの、たいていは「水道料金」と「下水道使用量」の2種類が記載されています。

水道料金は「基本料金」と「従量料金」を合計した金額が記載されている場合が多いです。

前者は水道メーターの口径に応じて料金が決まっており、水道を使う・使わないに関わらず発生する料金です。

後者は実際に使った量に応じて発生する料金。

一方、下水道使用量というとピンとこないかもしれませんが、これは、トイレや洗い物など家庭で発生した排水を、川や海に流せるよう浄化するための費用に充てるための料金です。

まとめると、水道代として請求されるのは、「基本料金」と「従量料金」からなる「水道料金」と「下水道使用量」を合計したものです。

1ヵ月の水道代平均をずばり発表!


総務省が公表している「家計調査(平成28年)」によると、2人以上の世帯における水道代の1ヵ月平均は、5,178円。

『えっ!うちの方が断然高い!』と思う人もいるかもしれませんが、たいていは2ヵ月に1回の請求になっているので、記載されている金額の半額で比べてみてください。

いかがでしょうか。

ひょっとすると大幅に高い・または低い人がいるかもしれませんが、「高い=水道の使いすぎ」、「低い=節水できている」と直結するかといえば、一概にそうとは言いきれません。

というのも、水道料金は自治体によって設定が異なるからです。

ですので、参考にする際は住まいの自治体の平均値をチェックするようにしましょう。

知ってた?地域によってこんなに差が


先ほどの家計調査を見ると、水道代が最も高かったのは山形市で7,566円に対し、最も低かったのは徳島市で3,712円。


なんと2倍近くもの差があるのです。


なぜこれほどまでに差が出るのでしょうか。


実は水道料金は、国が決めているのではなく、人口や水源からの距離・水質・水道管が設けられた時期など様々な要因をもとに自治体が独自に決めているのです。


ここまで大きな差があるのなら、引越しの際にはチェック項目に入れておきたいですね。


余談ですが、水道には「法定耐用年数」というものがあり、水道管が設けられてから40年経過したものは設備を更新する必要があるそう。


その時期になると水道料金は値上げされるので、頭の片隅においておくと良いかもしれません。


ちょっと待って!高すぎる水道代、考えられる原因は?



ここまで、家庭の各箇所における節水テクニックをご紹介してきました。


もし、『それなりに節水しているつもりなのに、水道代が高い!』という人は、ひょっとすると他に原因があるかもしれません。


大幅な料金アップの裏に水漏れ?!


急に水道料金が2倍ほど上がったなど、大幅に請求料金が上がった場合は、「水漏れ」の可能性が……。

厄介なことに、一見漏れていないように見えても、配管など地中部分で漏れている場合もあるのです。

では、どうやって調べるのかというと、水道をしっかり止めた状態で水道メーターを確認するという方法。

そこで動いていたらどこかが水漏れしていると考えられます。

また、メーターは動かなかったとしても、専門業者に点検してもらうことで水漏れ箇所を突き止めることができますよ。

明らかに料金が高いと感じた場合は、早めに行動することをおすすめします。

なお、自治体によっては、水道局から水漏れの可能性があるとの書面が届く場合もあるようなので、見過ごさないように注意してください。

ちなみに、水漏れによって使った分以上に請求された場合は、申請することで返金されることもあるそうなので、問い合わせてみましょう。

まさかの事態!メーターの故障


水道代の大幅アップの原因として、大抵は水漏れの可能性が考えられますが、専門業者などにチェックしてもらっても異常がなかった時に考えられるのが「メーターの故障」。

うそみたいな話かもしれませんが、実際ごくまれにあるそうです。

筆者の知り合いは、急に水道代が4万円ほどに上がったので水漏れの検査を依頼したのに見つからず、水道局に相談したところメーター異常が発覚したんだとか。

こうしたケースもあり得ますので、覚えておくと良いですよ。

まとめ



筆者は以前、さほど節水に関心がありませんでしたが、実際に意識してみると結果が出たので今もしっかり続けています。


月単位で言うと節水金額は数百円~千円程度かもしれませんが、年間でいうと万単位になることもあるので、やはり大きいですよ。


お金だけでなく大切な資源の温存にも繋がりますので、いいことばかりだと思います。


もちろん、ストイックになりすぎると長続きしないですので、できる範囲から節水を始めてみてくださいね。





≪ 前へ|冬の掃除のポイントを紹介。冬にやりたい掃除、冬の前に終えておきたい掃除!   記事一覧   【排水口の掃除】キッチンやお風呂など場所別の掃除方法やつまったときの対処法 ~前編~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 家電・リフォーム
  • ご退去・ご契約について
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アドバンス
    • 〒563-0032
    • 大阪府池田市石橋1丁目8-3
      カーニバルビル4階
    • TEL/072-736-9929
    • FAX/072-736-9928
    • 大阪府知事 (1) 第60620号
      一般建設業 大阪府知事許可(般-24)第138782号
  • 更新物件情報

    2021-01-27
    クレール神田Ⅰの情報を更新しました。
    2021-01-27
    岡田マンションの情報を更新しました。
    2021-01-27
    ハイツシャルマンの情報を更新しました。
    2021-01-27
    渋谷ハイツの情報を更新しました。
    2021-01-27
    カルチェラタン石橋Ⅱの情報を更新しました。
    2021-01-27
    リブリ・リヴェール城南の情報を更新しました。
    2021-01-27
    シャンテ桜井駐車場の情報を更新しました。
    2021-01-27
    メゾン東栄豊南の情報を更新しました。
    2021-01-27
    シャンテ桜井の情報を更新しました。
    2021-01-27
    グリーンパーク渋谷の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る