株式会社アドバンス > 株式会社アドバンスのスタッフブログ記事一覧 > テレワーク(在宅勤務)向け自宅インテリア!背景は”おしゃれに隠す”がポイント ~前編~

テレワーク(在宅勤務)向け自宅インテリア!背景は”おしゃれに隠す”がポイント ~前編~

≪ 前へ|3密対策の「適切な換気」方法 一般家庭での目安は   記事一覧   テレワーク(在宅勤務)向け自宅インテリア!背景は”おしゃれに隠す”がポイント ~後編~|次へ ≫

テレワーク(在宅勤務)向け自宅インテリア!背景は”おしゃれに隠す”がポイント ~前編~


いつもオフィスで仕事をしていたのに、急に在宅勤務に切り替わった!そこのあなた。


お疲れ様です。


そして業務が落ち着いてきたら、自宅のインテリアを在宅ワーク向けにプチリフォームしてみませんか。


気分転換に模様替えするもよし、仕事に集中できるようにレイアウトに工夫してみるもよし。


これを機にビジネスでもプライベートでも、お家ライフを心地よく過ごすための住環境を見直してみてはいかがでしょうか。


この記事では「テレワークを快適にするインテリアのコツ」「テレビ会議の背景をおしゃれにする便利アイテム」について詳しくご紹介していきます。




テレワーク(在宅勤務)を快適にする!部屋レイアウトのポイント4つ



テレワーク(在宅勤務)に切り替わったものの、「なかなかペースがつかめない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。


そりゃぁそうです。


今までずっと「オフィス」でしてきた仕事を、プライベートな空間である「自宅」でするわけですから・・・戸惑うのも無理ありません。


在宅勤務にスムーズに移行するために、インテリア空間を工夫してみることをおすすめします。


きっとテレワークが始まったばかりのときは目の前の業務対応に手いっぱいだと思いますが、落ち着いてきたタイミングで「集中して仕事に取り組むための環境」を少しずつ整えていきましょう。


ポイント①空間を区切ってオンオフの切り替えを


私の周りにも在宅勤務になった友人が何人かいるのですが、彼女たちのお悩みで一番多いのは・・・

「家で仕事となると、オンオフのスイッチを切り替えにくい。」


「ついダラダラやってしまう。」というもの。


オフィスのときと同じ緊張感を持って在宅の仕事にも向き合いたいけれど、現実なかなか難しいことなのかもしれませんね。


ですが・・・そうはいっても・・・仕事なので何とかせねばなりません。


在宅でも生産性を落とさないために、メリハリをつけて仕事ができるインテリアを考えてみましょう。


おすすめなのは「仕事スペース」「生活スペース」「くつろぎスペース」の3つの空間に分けること。


たとえワンルームであったとしても、右・中央・左というようにざっくりとエリア別にまとめておくといいですね。


住空間を目的別に整理することで、今何をする時間なのかが明確化し、オンオフのスイッチが切り替えやすくなるでしょう。


ポイント②長く過ごす場所だから、心地よさには妥協しない


在宅勤務に切り替わると、家で過ごす時間が圧倒的に長くなります。


「こんなに家にこもるのは、人生で初めて!」という声もよく聞きますよね。


そして、そんな今だからこそこだわりたいのがワーキングスペースの快適さです。


  • ・長時間座っていても疲れにくい椅子

  • ・資料を広げるのに十分な広さのある机

  • ・手元を明るく照らすライト

  • ・カレンダーやTODOリストを貼るためのボード

  • など、スムーズに仕事を進めるための環境づくりには妥協することなく、自分なりのこだわりを持って揃えていくと◎。


私の知人はもともと在宅ワーカーだったのですが、物凄くお値段のはる椅子を愛用しています。


彼女曰く「椅子への投資は惜しまない」とのこと。


長時間苦痛なく仕事ができる環境には、それくらい価値があるということですね。


どこまで整えるかは人それぞれですが、「椅子の高さが合わない!」「画面が見えにくくて目が疲れる」など、気になることがある場合には早めに改善策を考えておきましょう。


ポイント③家族がいるリビングでも集中を妨げない工夫を


在宅勤務の中でも難易度が高いのが「リビングでのテレワーク」です。


特に他の家族がテレビを見てくつろいでいたり、おもちゃやゲームで遊んでたり(ケンカになったり)、おしゃべりを楽しんだりしてる場所で、自分ひとり黙々と仕事するとなると・・・


相当の集中力が求められますよね。


とはいえ、リビングなら子どもたちの様子を見守ることができる、ダイニングテーブルを広々使えるなどのメリットもあります。


なるべくリビングで在宅勤務をしたいですよね。


「集中できないよう!」ってときには、目や耳から入ってくる情報をできる限り遮るための工夫をしましょう。


手軽なのはヘッドフォンや耳栓を使って、音を遮断する方法ですね。


そのほか視覚的な対策としてはテレビに背を向けて座るレイアウトにしたり、簡易のパーテーションを設置するなどがおすすめです。


わちゃわちゃしてて仕事にならん!ってときには、便利なアイテムの力を借りてみましょう。



ポイント④ビデオ通話も慌てない!背景はおしゃれに隠す


在宅ワークの定着でポピュラーになってきたのが「テレビ会議」です。


離れた場所でもお互いの顔を見ながらコミュニケーションできるなんて、便利すぎる。


まさに文明の利器!ですね。


ですが、画面に映るのはお互いの顔だけではありません。


プライベートな空間まで背景として映り込んでしまいます。


これってけっこう気になりませんか?


1回だけとかならそのとき片づければOKですが、会議が頻繁にあったり、急にビデオ通話がかかってきたりするような状況の場合にはいつでもきれいをキープしとかなくちゃいけない。


テレビ会議対応も、なかなか大変そうです。


このようなお悩みには「ロールスクリーン」や「マルチカバー」を活用するのがおすすめです。

後ほど詳しくご紹介していきますね!



アンケート実施「テレビ会議になったら、部屋の背景が気になる」が8割




インテリア通販ショップである当社で、「在宅ワーク」に関するアンケートを実施しました。


アンケートをとった項目は次の2つです。


  1. 1.自宅でテレビ会議することになった場合、映り込むインテリアが気になりますか?


  2. 2.テレビ会議を自宅でする際、部屋のどこかを片付けたり目隠ししますか? 片付けたい・目隠ししたい場所を選択ください。


結果はそれぞれこのようになりました。↓




1. 自宅でテレビ会議することになった場合、映り込むインテリアが気になりますか?


約8割の人がテレビ会議で映り込むインテリアについて「めちゃくちゃ気になる」「ちょっと気になる」と回答しました。


やっぱり皆さん気にされているようです。



2. テレビ会議を自宅でする際、部屋のどこかを片付けたり目隠ししますか? 片付けたい・目隠ししたい場所を選択ください。




気になる場所として上位にあがっていたのが「キッチン」「寝室」「1人部屋」「リビング」などです。


キッチンって家の中でも生活感が溢れやすい場所ですもんね。


ちなみにわが家のキッチンには、洗って乾かし中のジップロックや牛乳パックが並んでいます。


いつもダイニングでパソコンをしているのですが、もしそこでテレビ会議することになったら、この辺りがばっちり映り込んじゃうので恥ずかしいなと思っています。


そのほか寝室や1人部屋でお仕事をする場合には、ベッドや棚の中身など目隠ししておきたい場所がありますよね。


実録”できる人”は背景も完璧だった!という話


ちょっと話が脱線するのですが、この前私グループ通話デビューしました。


とあるサークルのメンバーが5~6人ほど集まり、小一時間ほどテーマに沿ってお話。


久しぶりでしたが、皆さんお変わりなく何より。


音声だけじゃなく顔を見ながら会話できるって素晴らしいなぁとしみじみ感じました。


さらにもう一つ、気づいたことがありました。


それは「背景って目立つ!」ということ。


通話している間、ずっと画面を見ているので意識はしていなくても自然に目がいくものですね。


よくビジネスで好印象を持ってもらうために清潔感が大事とか、身なりに気を使うべしと言うけれど、

在宅ワークに当てはめたときに重視すべきは「背景」なのかもしれませんね。


ということで、在宅ワークが主流になれば背景戦略が大事!になりそうですね。


【速攻】シンプル&おしゃれな背景に!テレワークでおすすめインテリア


テレワークにおいて背景戦略が大事!ということで、「どんな工夫をすればインテリアがプラスに働くのか?」をいっしょに考えてみましょう。


おしゃれさまでは求めていないとしても、とりあえず映っても恥ずかしくないよう整えておきたいですよね。


生活エリアをカバーする!目隠しインテリア


  • ・生活感がカメラ越しに伝わっちゃうのが嫌!

  • ・とりあえず、お部屋のごちゃごちゃスペースを目隠ししたい。

  • そんなあなたには目隠しインテリアがおすすめ。


    「ロールスクリーン」や「マルチカバー」を活用して、映っても大丈夫なようにささっと整えましょう。


    ◇ロールスクリーン




    在宅ワークでイチオシのインテリアは「ロールスクリーン」です。


    窓際への取り付けはもちろん、オープンシェルフの中身が見えないように目隠ししたり、LDKの空間をわける間仕切りとしても活躍します。


    コチラ(↓)のつっぱり式なら専用工具不要!


    ネジ穴なしで取り付けられるので、賃貸物件にも最適です。




    ロールスクリーンはこのように(↓)天井にネジで固定することも可能ですが、取付けの際には下地の有無を確認する必要があるため専門業者に依頼することをおすすめします。





    ◇マルチカバー




    今からテレビ会議なのに、部屋が散らかってるー!


    そんな困った事態の応急処置に役立つのが「マルチカバー」です。


    大きめのファブリックで気になる場所を覆い、おしゃれに隠しちゃいましょう。


                








    ≪ 前へ|3密対策の「適切な換気」方法 一般家庭での目安は   記事一覧   テレワーク(在宅勤務)向け自宅インテリア!背景は”おしゃれに隠す”がポイント ~後編~|次へ ≫

    最新記事

    おすすめ記事

    >>全ての記事を見る

    XMLRSS2.0

    • 家電・リフォーム
    • ご退去・ご契約について
    • お問い合わせ
    • 周辺施設検索
    • 内部ブログ
    • お客様の声
    • アクセスマップ
    • 会社概要

      会社概要
      株式会社アドバンス
      • 〒563-0032
      • 大阪府池田市石橋1丁目8-3
        カーニバルビル4階
      • TEL/072-736-9929
      • FAX/072-736-9928
      • 大阪府知事 (1) 第60620号
        一般建設業 大阪府知事許可(般-24)第138782号
    • 更新物件情報

      2021-03-03
      リブリ・リヴェール城南の情報を更新しました。
      2021-03-03
      渋谷ハイツの情報を更新しました。
      2021-03-03
      岡田マンションの情報を更新しました。
      2021-03-03
      ハイツシャルマンの情報を更新しました。
      2021-03-03
      メゾン東栄豊南の情報を更新しました。
      2021-03-03
      マルグリットの情報を更新しました。
      2021-03-01
      グリーンパーク渋谷の情報を更新しました。
      2021-03-01
      ウエストヒルの情報を更新しました。
      2021-03-01
      星の宮テラスの情報を更新しました。
      2021-02-28
      パラッツォ五反田の情報を更新しました。
    • QRコード
    • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

    トップへ戻る