株式会社アドバンス > 株式会社アドバンスのスタッフブログ記事一覧 > 「配線コードまわり」を上手に整えるアイデア☆ ~第2編~

「配線コードまわり」を上手に整えるアイデア☆ ~第2編~

≪ 前へ|「配線コードまわり」を上手に整えるアイデア☆ ~第1編~   記事一覧   「配線コードまわり」を上手に整えるアイデア☆ ~第3編~ |次へ ≫

「配線コードまわり」を上手に整えるアイデア☆ ~第2編~

100円ショップの箱を使って



100円ショップにもお洒落なペーパーボックスが見られるようになりました。


こちらはセリアのペーパーボックスで、持ち手の部分にコードを通すとちょうどいいケーブルボックスになりました。



100円ショップのものには見えない上、コード類をすっきり収納することができました。


ペーパーボックスを使った収納では、大きく蓋を開くことができるので、大きめのACアダプターが多いときでもわかりやすい配線にすることができます。


シンプルなラタンのカゴを使う



棚を充電ステーションにしています。


パソコンやタブレットなど大きめのデジタル機器は落下の恐れのない広い場所で充電したいですよね。



充電していないときは、コード自体を籠にしまっておけば、目立ちません。


布をかけて目かくしに



ルーターなどの機器類は高さがあるので、ケーブルボックスでは収納できないこともよくあります。



ナチュラルな雰囲気のバスケットの一部にカッターで配線用の穴を開けます。



壁のコンセント側に配線用の穴が来るように配置するだけでも、ごちゃつきが改善されました。


さらにすっきりさせるために、北欧風の布を籠の上にかけています。


これなら、籠より背の高い機器もきちんと隠すことができますね。


ファブリックパネルを使って



とてもお洒落な北欧調のファブリックパネル。


実はこの裏側が配線ステーションになっているんです。



ファブリックパネルの裏側の板のところにネジを差して、そこにコンセントタップを引っかけています。


すのこを立てかけるだけでも



こちらはすのこを使った配線ステーションの様子です。


すのこはもともと間隔があいているので、そこからコードを出すことができます。



こんな風にすのこにコンセントタップを取り付けて、下側からコンセントをさすようになっています。



テレビの後ろに隠しておけば、コードがだらりと見えてしまうことはありません。


~続く~


≪ 前へ|「配線コードまわり」を上手に整えるアイデア☆ ~第1編~   記事一覧   「配線コードまわり」を上手に整えるアイデア☆ ~第3編~ |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 家電・リフォーム
  • ご退去・ご契約について
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アドバンス
    • 〒563-0032
    • 大阪府池田市石橋1丁目8-3
      カーニバルビル4階
    • TEL/072-736-9929
    • FAX/072-736-9928
    • 大阪府知事 (1) 第60620号
      一般建設業 大阪府知事許可(般-29)第138782号
  • 更新物件情報

    2022-05-29
    レア・カ・ハレの情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る